ただ造るだけじゃない! 再生する・延ばす・創造する 未来を見据える 建物の寿命を延ばす技術がここにある! 100年使える建物と資産価値向上を目指し、私たちがお手伝いいたします❕
法人様・オーナー様 建物修繕でお困りなら!

CONCEPT

 

普段何気なく生活していますが、昔から人が生活する上で最低限必要なものがあります。

それは、衣食住です。

その中の住、建物は暑さや寒さ・プライバシーから身を守り、安心と安らぎを与えてくれます。

しかしながらその建物も万全ではありません。

地震や風雨、直射日光、寒暖差など自然の影響を受けている以上少しずつダメージが溜まっていきます。

もし何も手入れせず放置していたらどうなるでしょうか。

人の手を離れた建物はやがて朽ち果て最終的にはただの瓦礫になってしまうでしょう。

しかし100年を超えて建っている建造物があります。

それは寺社仏閣です。

人が手を施しきちんと管理すれば建物は100年使えるのです。

昨今再生可能エネルギーが注目されている中で環境に優しい大規模修繕

古い民家を再生したリノベーションが注目されています。

弊社が取り組む事!

建物に新しい価値を生み出す!

 

壊して造るはもう古い‼

 

建物を壊して新しく建て替えるには修繕するより時間もお金も2倍くらい掛かります。

大規模修繕を行うことで建物の長寿命化が期待でき、資産価値を高めることが出来ます。

 

 

再生と創造

 

再生可能エネルギー

 

昨今注目される再生可能エネルギーを活用しながらリフォーム、リノベーションする事で古くなった建物を再生し先端仕様で新たな居住空間をご提案します。

で!大規模修繕って何をすればいいの? まずは建物への漏水を予防しましょう!

もし漏水が起こると⁉
  • 1. 漏水は建物の老朽化を早めます!
  • 2. 漏水箇所の特定が困難です!
  • 3. それゆえ日常生活に支障が出ます!
  • 4. 多額の費用を掛けたのに改善しないことも!
  • 5. 最悪 建物の資産価値も下がります!
そこで‼そうなる前に!

修繕工事を行う方がいい理由

  • REASON
    01

    一番大事! 建物維持の要!

    漏水防止

    漏水が起きてからでは手遅れです!

     

    防水工事

    アスファルト防水、シート防水・ウレタン塗膜防水など

    建物に合った工法をご提案します。

  • REASON
    02

    外観もきれいな方がいい!

    サビ防止・美観維持

    鉄部は特に錆が発生しやすい!

     

    塗装工事

    外壁塗装・鉄部塗装・内装塗装

    塗装の種類はさまざま

    塗る場所や耐用年数で値段は異なりますが、

    ご希望に即した塗料、工法をご提案します。

  • REASON
    03

    漏水はちょっとした隙間から!

    劣化防止

    目地の隙間から漏水する事も

     

    シーリング工事

    シリコン系やウレタン系の充填剤で

    建物の劣化を防ぎます。

  • REASON
    04

    人災が起こる前に!

    外壁タイル剥落防止

    浮いたタイルを調査して剥がれる前に交換しましょう

     

    外壁調査

    タイルの浮きを打診検査により調査し張替え又は

    エポキシ樹脂を注入して剥落を防ぎます。

  • REASON
    05

    設備も老朽化します

    時代に合った設備の導入

    バリアフリー化やセキュリティー強化など

     

    共用部のリニューアルや住戸内のリフォームも

    お任せ下さい!

じゃあ、どのタイミングでやればいいの?

大規模修繕の施工目安

 

一般的に大規模修繕は12年から15年程度に行うのが良いとされています。

防水工事に関しては10年から12年で行うのが理想です。

 お願いしたいけどどうすれば? 

👇

工事の流れ

  • STEP

    01

    お問合せ

    行動しないと何も始まりません!

    まずはお気軽にご相談ください。

  • STEP

    02

    現地調査・お見積り

    現地確認の上ご希望に合った

    お見積りを作成いたします。

  • STEP

    03

    ご契約

    工事内容と金額にご納得頂いた上でご契約。

  • STEP

    04

    着工

    工事中は居住者様に配慮し工事致します。

  • STEP

    05

    検査・引き渡し

    工事内容を確認して頂きご納得頂いた上で引渡し。

  • STEP

    06

    アフターフォロー

    工事後も定期的に問題ないか確認。

 ご用命はこちらから! 

 

 

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事